1. ホーム
  2. Q&A
  3. 仕事全般に関して

仕事全般に関して

塾講師の仕事をしていく上での基本精神をはじめ、仕事全般についての Q&A です。

塾講師はお金を稼ぐためにやってはダメ?

そんなことはありません。
塾講師もコンビニ店員も会社員も労働者であることに変わりはないのですから、
給料目当てに働いているのは当然のことです。
ボランティアでやっているのではありませんから、
一生懸命働いてお金を稼ぎましょう。

ただし塾講師の場合、お金を稼ぐことだけを目的にすると、
おそらく途中で嫌になってしまうはずです。
そもそも塾講師は決して稼げる仕事ではありません。
たしかに時給だけを見ると、集団指導は2000円前後、
個別でも1200円くらいのところが多いのですが、
これらは授業以外の業務 (テストの採点・保護者連絡など) に対する給料も含めてのことです。
塾講師は授業が終わればそれで帰れるというものではありません。
授業内でテストをした場合は、その採点もしなければなりませんし、
成績・素行の悪い生徒に関しては、
保護者にも電話連絡などをして今後の対応を考えなければなりません。
さらに、授業前にはきちんと予習をして、
分かりやすい授業ができるように準備をしなければなりません。
こういった授業外の仕事を含めると、
実質的な業務時間は授業時間の3倍くらいになると思われます。
となれば、実質的な時給は高く見積もって600円くらいではないでしょうか。
したがって、お金を稼ぐことだけが目的ならば、
コンビニやファーストフードで店員をやったほうが、はるかに効率がいいはずです。

「給料は安くていいから教えることを楽しみたい」
という人でなければ、塾講師は続けられないでしょう。

塾講師はアルバイト感覚でやってはダメ?

そんなことはありません。
アルバイトとして採用されたのならば、アルバイトの自覚をしっかり持って働きましょう。

ただし、塾講師のアルバイトは同じ接客業とはいえ、
コンビニやファーストフード、その他販売店などのアルバイトとは違います。
一般的なアルバイトは、決められた時間だけ単調作業をして終業時刻になったらすぐに帰宅できる場合が多いでしょう。
しかし塾講師の場合、時間はもちろん決められていますが、
仕事は単調作業ではありません。
説明と問題演習の時間配分はどうすればよいか、
板書はどのようにすれば分かりやすいか、
どのタイミングで雑談を入れるか、
理解力のないあの生徒にはどう対応していけばよいかなど、
様々なことを考えて授業を展開していかなければならないのです。
そして、生徒の成績が上がらなければ保護者からクレームが来ることもあるでしょう。
単にマニュアル通り授業をこなしていくことが塾講師の仕事ではないのです。

塾講師の仕事はアルバイト感覚でやって構いませんが、
一般的なアルバイトと同じ感覚でやってはいけません。